Plan summary

プロジェクトについて

このプロジェクトは、若手音楽家が出演するコンサートの運営や、起業支援などを手がける「あけみん企画」代表の塚本明美(西宮市)が企画しました。

塚本は、2012年にイタリアで開かれた国際民族フェスティバルに、日本の和太鼓チームや尺八奏者らを率いて参加しました。その実績をもとに、初期の段階では英国の現地コーディネーターの協力も得ながら、今企画の実現化を進めてきました。

This project” FURUSATO PROJECT” was planned by Ms. Akemi TSUKAMOTO(Nishinomiya city) who represents her planning company,
“ Akemin planning” that supports the young musicians and entrepreneurship support.
Ms.Tsukamoto participated in the international ethnic festival held in
Italy, 2012 leading the Japanese drum team and the Japanese Shakuhachi players.
The original idea behind “FURUSATO PROJECT” came from the past successful
performance in Italy and at the initial stage,
she has been promoting to realize this project obtaining the cooperation of
the local coordinator in UK.

今回の参加者はいずれも、塚本の仕事上の仲間や友人です。英国とのつながりは、現地コーディネーターと知り合ったのがきっかけで、当初は英国の既存イベントへの参加を考えていました。

The members of this project are all her good friends and business associates.
The reason for choosing the UK as a venue of this project was that she had
an opportunity to get to know the local coordinator in the UK. And she planned to participate in the existing events in the UK at the beginning.

準備を進めるにつれて、国際交流という目的が明確になり、さらに英国日本協会や英国俳句協会、ロンドン大学が協力してくれることになったことで、参加者には物見遊山の気分はなくなりました。今は全員が一丸となって、本気で国際交流をして帰ってこようと意気込んでいるところです。

The purpose of the real international exchange became more clear as we have been proceeding the preparation, and in the meantime, the cooperation with the British Haiku Society Uk , Japan Society and
University of London made us feel no more holiday mood!
Now we all must work on this event as a team to achieve our purpose of the
real international exchange between Uk and Japan!

 

プロジェクト名“FURUSATO project”について

2011311日の東日本大震災以降、被災者だけでなく、多くの日本人にとって、「ふるさと」は万感の思いがこもった特別な言葉となりました。大切なふるさとに居たくても戻れない状況が続き、東北の人たちは、現在もつらい日々を送っておられます。「ふるさと」という言葉の響きや意味をイギリスの人たちに感じていただくとともに、ツアー参加者は、今回の経験を生かして、「ふるさと」である日本に帰国してからも頑張ろうという思いを込めて、「ふるさとプロジェクト」と名付けました。

This is how we came to choose the project name – FURUSATO project- for our project

FURUSATO means  hometown, birthplace, home village. that sounds reflect us like thoughtfulness and consideration to the others.

After the Great east japan earthquake , March 11, 2011, the word  “ FURUSATO “ has become a special and spiritual word  not only for the affected people but also many other Japanese people.

In Tohoku where the earthquake happened, there are so many people have still not returned their hometown as it has had such a devastating effect  on their hometowns..

The members of this project would like to feel, understand and share the meaning of “FURUSATO” with the people in the UK thinking about the Tohoku people and do our best for  our everyday life after  FURUSATO project.

 

日 程

20149月5日(金)出発

201496日(土)13時~

      俳句ワークショップ

      (主催・英国俳句協会、会場・コンウェイホール、講師・玉村華蓮)

201497日(日)①10時~ ②14時~

      貼り絵葉書体験、コカリナ演奏、書道体験講座、俳句ワークショップ

      (共催・英国日本協会、会場・セシルシャープハウス

   講師・秋田美智子、塩田邦子、玉村華蓮)

201498日(月)14時~

         ロンドン大学キャリアセンターで情報交換会(担当・布谷由美子)

201499日(火)13時~

         ライフキャリアデザイン講座

      (会場・ポエトリーカフェ、講師・布谷由美子)

20149月11日(木)帰国

イベントスケジュール

 

参加メンバー

秋田美智子(コカリナ演奏)

元中学校教諭。教諭時代の仲間や友人たちと支援チームを組み、東日本大震災で被災した石巻市の小学校を50回以上訪問。コカリナ演奏を通じて復興支援の取り組みを紹介したいと考えている。千葉県在住。

塩田邦子(コカリナ演奏)

2年前から東日本大震災で被災した学校支援のボランティアをきっかけにコカリナ演奏を始める。震災で、英国からも多くの支援を受けたので、今回はそのお礼の気持ちを込めて演奏したいと考えている。今回は書道体験講座の講師も務める。千葉県在住。

玉村華蓮(俳句ワークショップ講師)

1988年、「諷詠俳句」に入門。俳句歴25年。色彩を意識した言葉を選び、光景や情感を鮮やかに浮かび上がらせる作風が特徴。現在、月1回、自身の主宰する「華蓮句会」を開催している。大阪府堺市在住。

布谷由美子(ライフキャリアデザイン講座講師)

民間企業を退職後、宝塚市男女共同参画センターに勤務。現在、大学生向けのキャリアデザイン講座や就職活動支援講座の講師のほか、経営コンサルタントとして活動する。兵庫県芦屋市在住。

谷本味根子(通訳、デザイン)

塚本明美(プロデューサー)

メンバー紹介

 

2014.7.29